業界記事

関小管理棟を改造/武蔵野操車場跡地整備計画調査など/16年度当初予算案

2004-03-04

 吉川市(戸張胤茂市長)は、16年度当初予算案を公表した。一般会計の総額は、169億5、300万円で対前年度比9・2%の伸び。このうち普通建設事業費は、24億7、779万8、000円。主要事業は、関小学校管理棟大規模改造事業に1億3、890万円を盛り込んだほか、16年度の完成を目指し越谷総合公園川藤線道路整備事業には1億2、931万3、000円を投じる。
 特別会計は、下水道事業が18億700万6、000円、7・3%の増額、農業集落排水事業は2億3、751万2、000円、こちらも7・9%の増額となった。
 関小学校管理棟大規模改造事業は、施工監理委託費200万、学校施設整備工事費1億3、690万を計上。校舎規模は、RC造2階建て、延べ床面積1、343㎡。内外壁改修などを予定している。設計担当は松下建築設計事務所(さいたま市、電話048-663-4118)。建設年次が昭和57年と比較的新しいため、耐震補強は行わない。
 また越谷総合公園川藤線道路整備事業は、工事費1億1、155万を投入。整備対象は、川藤地内の市道119号線から下八間悪水路まで。延長132m、幅員は16m。ルート上の下八間悪水路にはボックスを布設する。設計担当はピーシー技研(さいたま市、電話048-882-1181)。
 同市と三郷市にまたがる武蔵野操車場跡地および周辺地区整備事業には、整備計画基礎調査、環境影響評価調査、まちづくり指針策定、鉄道交差部概略設計など関連業務委託費を計上した。
 このほか、市単柵渠工事3、160万、交通安全施設など整備工事6、210万、河川防災ステーション基礎調査180万など。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野