業界記事

小中2校の耐震診断/給食センター将来構想検討も/16年度当初予算案

2004-03-02

 鶴ケ島市(品川義雄市長)の16年度一般会計当初予算案は182億5、000万円で、前年度比11・6%増とした。建設関連では栄小と鶴ケ島中で校舎耐震診断調査費を計上。新学童保育室建設設計費も盛り込んだ。
 土地区画整理の2事業特別会計は、一本松が4億6、981万6、000円で前年比1・6%減額、若葉駅西口も5億4、970万1、000円で同12%減となった。
 建設関連の予算概要は次のとおり。
【若葉駅構内エレベーター等整備】
 事業費1、945万円。若葉駅構内に設置するエレベーター、身障者用トイレ整備に対する負担金
【防災行政無線整備】
 子局の更新・移設など工事、個別受信機(聴覚障害者用)の整備費。1億3、688万4、000円
【学校給食センター整備】第2学校給食センターボイラー交換工事費4、846万円、学校給食センター将来構想検討事業費14万4、000円。藤金574-1地内に第1(建設年次昭和53年)、第2センター(同59年)があり、1日約6、000食を配している
【校舎耐震診断】
 小中各1校で調査。栄小校舎耐震診断事業費426万6、000円、鶴ケ島中校舎耐震診断事業費706万1、000円
【関越自動車道跨道橋耐震補強】
 事業費2億2、404万4、000円。対象は栄橋(藤金地内)、藤金2号橋(同)、鶴ケ丘1~4号橋(南町地内)
【学童保育室建設】第1小学校区学童保育室「なかよしクラブ」の用地取得費、設計費など、2、884万2、000円を計上。17年度工事予定

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野