業界記事

平戸ポンプ場で債務/一般会計451億円の5.9%増/16年度当初予算案

2004-03-02

 熊谷市(富岡清市長)は、3日開会する定例市議会に上程する16年度当初予算案など21議案を公表した。一般会計予算は、451億8、800万円で、対前年度比5・9%増となった。普通建設事業費は、28億9、382万2、000円で、同45・1%減と厳しいものとなった。特別会計は、平戸中継ポンプ場改築に債務負担行為を設定する下水道が43億509万2、000円で13・7%減、土地区画整理事業は、12億8、139万6、000円、4・1%減。水道事業会計は、資本的支出を20億2、729万5、000円とした。
 主要事業では、中心市街地活性化関連で2路線の電線地中化、老朽化した水道管12kmの布設替えに加え、平戸中継ポンプ場の改築工事に着手する。
 平戸中継ポンプ場(銀座6-9-5)は、1級河川星川沿いにあり、合流式ポンプ場として稼働しているが、老朽化などから、13年度の基本計画策定など取り組んでいた。改築にあたっては、既存敷地内での更新とし、現在のポンプ能力を維持させる。現在、ポンプ場の設計および16年度着工予定の建築工事詳細設計がパシフィックコンサルタンツ北関東支社(さいたま市、電話048-600-2550)により進められている。建築工事を先行して2か年で実施。ポンプ、機械設備などを18年度から4か年で行う計画。
 建築工事は、RC造のポンプ棟の改修とS造の沈砂池棟は、改築する。17年度までの限度額4億1、600万円の債務負担行為を設定する。
 このほか、下水道工事は、荒川第2雨水幹線整備、箱田、肥塚地内の幹線管渠、箱田地内で枝線整備を計画。下水道事業工事費は、6億700万円を盛り込んだ。
 区画整理事業は、籠原中央第2が、画地確定測量、設計など委託、街路築造、汚水・雨水管渠埋設工事、移転補償などで2億円余り。
 籠原中央第1は、建物物件調査積算、画地確定測量、街路築造、汚水管渠埋設工事、移転補償で約3億円。
 上之には、3億円余りを付け、建物物件調査積算委託、街路築造工事、移転補償に充てる。
 上石第1は、建物物件調査積算委託、街路築造工事、汚水管渠工事、補償など1億5、000万円余り。
 肥塚は、画地確定測量など委託、街路築造工事、汚水管渠工事、移転補償で1億3、000万円余りを予算計上している。
 以下、主要事業について。
【中心市街地活性化道路整備事業】
 鎌倉町通と熊谷駅西通で電線地中化を進めており、2億1、600万円の工事費で、車道、歩道の舗装工事、街路灯、街路樹整備などを実施する。国体開催までに完了させる計画でおり、早期発注が見込める。維持課
【水道事業】
 浄配水場整備工事1億2、500万円、配水管布設工事1億4、000万円、配水管改良工事6億5、000万円、配水管移設工事1億3、600万円を計上。水道部
【熊谷南部地域開発推進事業】
 幹線道路などの調査を行う同地域開発推進協議会に対して負担金事業費111万9、000円。南部地域開発推進室
【都市マスタープラン策定事業】
 市民意見募集中の素案を確定させ、まとめる。委託費200万円。都市計画課
【熊谷駅東地区再開発推進事業】
 熊谷駅東口線整備に伴う街路事業への負担金3億4、760万円と再開発組合補助11億6、973万2、000円。工事費2、300万円を計上。都市計画課
【交通安全対策事業】
 カーブミラー設置、歩道整備などの工事を行い、交通安全施設の整備拡充を図る。施設補修900万円、工事4、500万円。維持課
【防災行政無線維持管理】
 難聴地区解消へ無線受信所の増設など図る。工事費386万円。庶務課
【地籍調査事業】
 国土調査法に基づく事業で、16年度は新たに小島1地区と吉岡1地区に取り組む。測量委託540万8、000円。農政課
【土地改良事業】
 農業経営の効率化と農村環境の整備を図るため、農道舗装工事など行う。工事費1、165万円。農政課
【学校施設整備事業】
 3か年計画の3年目にあたる小学校洋式トイレ設置には1、900万円の事業費。そのほか、避難救助袋交換工事、成田小学校第2校舎ベランダなど補修工事、玉井小学校防球ネット設置工事、荒川中学校外柵・プール柵改修工事で1、660万円。教育委員会総務課

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野