業界記事

駅西口北で2億円繰越し/最終補正案

2004-03-02

 牛久市の15年度最終補正案が明らかになった。一般会計は5億2469万4000円の減額で、総額が191億5113万3000円になる見通し。土木費全体で約3億3000万円を減額しているのが大きい。補正案では建設事業についての追加は見られないが、次年度への繰越では、市道2901号線整備、牛久駅西口北の区画整理、都市計画街路城中~田宮線整備の3つを合わせ約25000万円が明許されている。
 補正案を見ると、老人保健事業特別会計への繰出金として1億400万円を計上していることから、民生費は1億3200万円の増額補正となった。しかし、総務費で約8000万円、衛生費で1億円余り、土木費で約3億3000万円を減額しているため、一般会計の予算額としては5億2400万円の減額案となっている。
 ただ、繰越明許では市道2901号線の整備で1230万円、牛久駅西口北街なか再生型土地区画整理で補助と単独分を合わせ2億円余り、都市計画街路城中~田宮線の整備でも補助と単独分で3820万円が次年度へ繰り越される見通し。
 一方、特別会計を見ると、下水道事業が7729万8000円の減額案で、総額が19億1898万円に補正された。
 建設事業では、上池台の汚水管渠布設について、単独分に1627万5000円、補助分に4772万5000円を計上したうえで、全額を繰越明許している。
 上池台の汚水管渠以外に繰越明許されているのは、城中汚水ポンプ場建設補助分の1億5159万5000円と、霞ケ浦常南州域下水道建設の2603万3000円となっている。
 最終補正案は2日に開会予定の市議会定例会に提出される。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野