業界記事

9299万円を繰越明許/最終補正案

2004-03-02

 竜ケ崎市の15年度最終補正案が明らかになった。2月26日に開会した市議会定例会に提出しているもの。一般会計予算は2億8248万4000円の減額補正で、特に小学校整備事業の土地購入で1億2900万円を減額しているため、教育費全体でも1億4600万円を減額しているのが大きい。補正案が可決されると一般会計の予算総額は213億6604万1000円となる。
 補正案では、高齢者福祉施設建設の助成事業で補助金に903万円、合併処理浄化槽設置の補助金に76万5000円が追加されているが、工事関係費については補正されていない。
 ただ、次年度への繰越分を見ると、道路改良事業で2705万円、市道第5-138号線改良事業で4650万円、下地内~八代線改良事業で1944万円が明許されている。
 継続費についても土地・家屋評価推進事業の3か年の年割額が15年度1489万9000円、16年度877万8000円、17年度2252万3000円の総額4620万円に補正された。
 一方、特別会計でも公共下水道事業が4165万4000円の減額案となった。南が丘地区の公共下水道維持管理に40万円を追加したが、枝線管渠布設工事で2000万円、霞ケ浦常南流域下水道維持管理で1800万円を減額しているため。補正後の下水道特会の予算額は23億7873万9000円になる見通し。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野