業界記事

3候補から選定/新市名称

2004-03-02

 美野里町・玉里村・八郷町・石岡市合併協議会では、新市の名称を「国府」、「恋瀬」、「常陸野」の3つから選定することを決めた。一般から応募があった候補から小委員会が3つを選んだもの。常陸野については、ひたち野と表記された応募もあったが、JRひたち野牛久駅と類似していることなどから、漢字で表された候補が選ばれたという。
 新市の名称については、昨年12月26日までの期間で一般募集。4734通の応募数のうち、約2300種類の名称候補があった。集計結果が1月の協議会で明らかにされて以降、小委員会では2月24日の協議会までに最終候補の3つを選んでいた。
 今後、新しい市の名称は4月ごろに正式決定する見通しで、最終候補となった「国府」、「恋瀬」、「常陸野」の3つの名称については、あくまでも協議しながら、一つを選定する考え。
 ただ、結果的に委員らの意見がまとまらなかった場合は、最終手段として投票で決める。
 次回の協議会は3月30日に開かれる予定。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野