業界記事

第五中屋体に4億円計上/新年度の予算案

2004-03-02

 土浦市(中川清市長)では、平成16年度の当初予算案を明らかにした。一般会計は452億7000万円で、前年度対比17・6%の伸び。うち普通建設事業費は46億2951万4000円で、前年度当初と比べて1・2%の減となった。建設事業では、土浦第五中の屋内運動場建て替えで3億9900万円、南部地区児童館整備で1億6000万円を計上。道路事業で新設改良と、都市計画街路整備を合わせ12億4000円が計上されている。土浦駅東口の貨物用地で計画されている跡地利用や、新図書館建設についても基本設計費が計上された。一方、特別会計を見ると、下水道事業が60億8100万円で前年度対比2・8%の増。農集排事業は2億4800万円で、43・5%の大幅な伸びとなった。(第 面に予算案概要)
 一般会計予算は、前年度当初に比べると、比率で17・6%、金額にして67億7000万円の伸びとなった。減税補てん債の借り換え分で29億4210万円、土地公社と住宅公社への貸し付けを合わせ35億円を計上しているため。その分を差し引くと、実質的な伸びは金額にして3億2790万円で、比率では0・9%の微増になるという。
 土地公社と、住宅公社への貸し付け分については、年度末までに償還される見通し。
 土浦第五中の屋内運動場については、柔剣道場の近くに建て替える。すでに、昭和42年に現在の施設を建設した際、将来的な建て替え場所として確保してあったため、空き地になっている。
 新しい屋内運動場の規模は明確にしていないが、既存の915㎡よりも上回る規模になるとしている。
 第五中では、特別教室で計画されている改築についても実施設計費に420万円が計上されている。
 南部地区児童館は、烏山2丁目地内に計画されているもので、市内の南部地域に建設される児童館としては初めての施設となる。
 着工は7月ごろになりそう。例年、国庫補助が内示されるのは5月末から6月末で、内示がされていない時期に入札を執行することが基本的に認められていないため。
 建物については、W造一部S造平家建て、582㎡で計画されている。
 設計者は創美設計(土浦市)。
 新図書館では、建設予定地について現在、JR土浦駅北地区、文京町の現在地、霞ケ浦湖面に面している滝田地区の3つが候補となっているため、建設場所を決定し、基本設計を委託する。
 15年度当初に計上していた設計費を最終補正案で減額措置し、改めて16年度当初予算案で計上したもの。
 建設場所は、できる限り16年度の早い時期に決定する意向だが、その時期については明確にされていない。
 土浦駅東口で未利用地となっているJR貨物用地の利用方法については、基本計画のまとめを進めているため、16年度に基本設計を委託する。
 現在、テナントを中心にしたビルの建設が候補の一つになっている。土地の利用方法については所有者の日本貨物鉄道でも市の考え方を融合させながら、最適な有効利用について独自に調査を進めているという。
 一方、特別会計を見ると、農業集落排水事業が前年度対比で43・5%の大幅な伸びとなった。西根地区での農集排で1億8600万円を計上しているため。16年度は1200m前後の管路工事を発注するとみられる。
●一般会計
【総務費】
◆第6次土浦市総合計画後期基本計画策定事業=400万円
◇平成18年度~22年度までの後期基本計画を平成16年度と、17年度の2か年で策定。16年度は、まちづくりアンケート、基礎調査
◆総合行政ネットワーク(LGWAN)を活用した電子申請・届出システム構築事業=781万1000円
◆防犯灯設置等補助金交付事業=1037万5000円
◆税務地図情報システム業務委託事業=3500万円
◇固定資産の評価・課税資料(航空写真を含む)のシステム整備
◆中村東町・白鳥新町住居表示整備事業=266万3000円
【民生費】
◆ふれあいセンター「ながみね」整備事業=403万1000円
◇荒川沖駅からの定期送迎バスの運行、駐車場整備工事
◆人にやさしいまちづくり事業=2532万4000円
◇土浦駅西口自由通路エレベータ設置調査委託、低床バス導入補助等
◆(仮称)南部地区児童館整備事業=1億6003万3000円
◇W造一部S造平家建て、582・78㎡
【衛生費】
◆住宅用太陽光発電システム設置費補助事業=1600万円
◆マイクロバブルによる排水路水質浄化事業=370万円
◆河川流域実態調査事業=43万3000円
【農林水産業費】
◆手野地区ほ場整備事業=4330万円
◇負担金(計画作成委託)
◆鶴沼地区地域用水環境整備事業=2100万円
◇農業用ため池としての機能回復と、公園施設としての整備
◆農道・かんがい排水整備事業=7000万円 【土木費】
◆道路新設改良事業=10億2284万1000円
◇道路改良工事24路線、交通安全施設工事、用地取得、測量設計委託
◆橋梁維持事業=8164万1000円
◇常磐道跨道橋壁高欄補修工事委託、神立人道橋改修工事委託
◆都市下水路整備事業=9871万7000円
◇都市下水路整備工事2路線
◆小規模排水路整備事業=2850万円
◇小規模排水路整備工事2路線
◆都市活力再生拠点整備事業=1500万円
◇神立駅地区事業計画策定委託
◆歴史の小径整備事業=3610万円
◇修景施設設計委託整備工事
◆絵画キャンバス設置事業=160万5000円
◇モール505の高架道橋脚への絵画キャンバスの設置
◆歴史的町並み景観形成事業=400万円
◇景観形成計画策定調査委託
◆地域地区調査事業=500万円
◇用途地域変更に伴う決定図書作成委託等
◆土浦・つくば間公共交通連携方策検討調査事業=700万円
◆都市計画街路事業
◇大和上高津線街路事業=4004万3000円
◇川口田中線街路事業(1期)=6046万7000円
◇川口田中線街路事業(2期)=1億1946万3000円
◇木田余神立線街路事業=202万5000円
◆水と緑の里公園整備事業=800万円
◇整備工事
◆総合運動公園整備事業=1200万円
◇埋蔵文化財発掘調査委託
◆土浦駅東口まちづくり事業=1200万円
◇土浦駅東口周辺第1地区優良建築物等整備事業基本設計委託
◆土浦駅前西口周辺地区市街地総合再生事業=800万円
◇土浦駅前北地区再開発推進業務委託、土浦駅前西口周辺地区まちづくりコーディネート委託
◆住宅マスタープラン及び公営住宅ストック総合活用計画策定事業=1000万円
◇国の指針に基づいて、住宅供給推進計画等を策定
【消防費】
◆消防施設整備事業=7200万円
◇消防ポンプ車1台、高規格救急車1台、二相性除細動器4式、防火水槽2基、消火栓設置10基
◆消防緊急通信指令施設整備事業=4億5373万8000円
◇通信指令棟新築工事、通信指令システム購入
【教育費】
◆真鍋小学校校舎改築事業=11億3098万7000円
◇解体・改築・既存校舎改造工事、仮設校舎賃貸借等
◆土浦第五中学校屋内運動場棟改築事業=3億9900万2000円
◆土浦第五中学校特別教室改築事業=420万円
◇実施設計委託
◆新図書館整備事業=1780万円
◇基本設計策定
◆土浦城址整備事業=2764万3000円
◇塀復元工事(東櫓から櫓門まで)
◆地区公民館冷暖房設備更新事業(四中地区公民館)=620万円
◇集中管理型空調をパッケージ型エアコンに切替
◆放課後児童対策事業=2295万円
◇下高津小児童クラブ室が狭あいのため、専用クラブ室(約120㎡)の建設及び現クラブ室(約50㎡)復旧
◆青少年の家施設整備事業=870万円
◇改善箇所抽出調査委託、本館外部補修・塗装工事
◆川口運動公園野球場改修工事=6180万円
◇ファウルラインの延長と外野フェンスの拡張工事
●特別会計
【下水道事業】
◆ポンプ場改築事業=5億5799万5000円
◇亀城ポンプ場改築工事等、桜川ポンプ場改築実施設計委託
◆公共下水道(汚水)整備事業=5億3662万5000円
◆公共下水道雨水排水路整備事業=2億2870万円
◇木田余雨水排水路整備工事
◆合流式公共下水道改善事業(雨水滞水池整備工事)=4億7100万円
◇土木建築工事(平成14年度~16年度継続事業)、機械・電気設備工事(平成15年度~16年度継続事業)
◆特定環境保全公共下水道整備事業=1億7856万4000円
◇実施設計委託(虫掛、常名、大岩田地区)、汚水管渠布設工事(虫掛、常名、大岩田地区)
【農業集落排水事業】
◆西根地区農業集落排水事業=1億8623万4000円
◇西根地区農業集落排水施設整備工事等
【水道事業】
◆送配水施設整備事業=6億7906万円
◇配水管実施設計委託、配水管布設工事、送水管布設工事、消火栓設置工事10基

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野