業界記事

県内は交付62戸/住宅性能表示の実施状況(15年11月分)

2004-01-28

 国土交通省がまとめた「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく住宅性能表示制度の実施状況(15年11月末現在)によると、設計住宅と建設住宅で受付・交付ともに3か月ぶりに増加したことがわかった。
 15年11月の住宅性能評価の実績は「設計住宅性能評価戸数」が受付1万1105戸(対前年同月比17・0%増)、交付1万458戸(同23・2%増)。「建設住宅性能評価戸数」が受付9371戸(同29・0%増)及び交付戸数5710戸(同65・7%増)だった。
 また、12年10月から15年11月末までの累計実績は、「設計住宅性能評価戸数」が受付26万4677戸、交付25万1894戸。「建設住宅性能評価戸数」は受付18万8561戸、交付10万5722戸になった。
 群馬県内における住宅性能評価書の交付状況をみると、一戸建て住宅の設計で46戸、建設で16戸。共同住宅では設計、建設ともに交付はなかった。
 なお、既存住宅については15年11月実績で、受付15戸、交付16戸。制度が実施された12年12月から15年11月末までの累計実績は受付145戸、交付139戸。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野