業界記事

16年度から工事着手/ふるさと総合緑道整備

2004-01-21

 鴻巣市は現在、ふるさと総合緑道整備事業の基本計画策定を進めている。コンサルタントは梶山測量設計(鴻巣市、電話048-542-8582)が担当しており、履行期限は3月18日。
 16年度は路線測量、詳細設計に着手すると共に、一部で整備を開始する予定となっている。設計、整備は部分的に行い、全体工期は5年程度が見込まれている。
 同緑道は、市内の主要な屋外レクリエーション施設や水辺部の代表的な郷土景観ポイントを歩行動線で結ぶもの。荒川・元荒川の堤防敷を有効に活用し、市内全域概ね30kmにネットワークを形成する。用地買収は行わず、既存道路を活用して環状型の緑道を形成する計画。
 荒川沿いでは、斜面林の自然を活用しながら河川敷に散策路を整備し、元荒川沿いでは、水辺に花を植える。また、トイレ・ベンチ・水飲み場を有する休憩施設を荒川沿い、元荒川沿いに各1か所整備する。
 同緑道の目的は、<1>レクリエーション施設や文化施設への、車を使わないスムーズで安全な動線の確保<2>市内各所からアクセスできる健康増進を目的としたウォーキングやジョギング路としての役割<3>防災避難路としての機能分担や防災拠点の連携<4>郷土景観を身近に感じ、情操教育、環境学習、ふるさと意識の醸成への寄与――としている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野