業界記事

公募受付は2月3日まで/福祉用具の開発に補助金

2004-01-21

 独立行政法人新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO技術開発機構)は、「福祉用具実用化開発費助成金」にかかわる助成事業者の公募受付を19日から始めた。
 同制度は、優れた技術や創意工夫のある、実用的な福祉用具の開発に取り組もうとする事業者を支援するもので、平成16年度については2月3日までの期間で応募を受け付ける。
 助成の対象は、福祉用具の実用化に関する研究開発事業として応募のあった提案の中から、新規性、技術開発要素、利用者のニーズ、経済性等について審査し、助成の対象となる事業を決定する。研究開発期間は3年以内。助成率は助成対象費用の3分の2以内で、助成金額は1件につき全期間で3000万円以内としている。
▽応募手続=1月19日から2月3日午後5時までに「提案書」正本1部・写し5部の添付書類を添付し、提出。提案書は郵送・宅配便でも受け付ける(この場合も2月3日午後5時必着、FAX及びe-mailでの応募は受け付けない)。
▽問い合わせ先・提案書の提出先=〒170-6028東京都豊島区東池袋3-1-1サンシャイン60(29階)独立行政法人新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO技術開発機構)機械システム技術開発部:渡辺、藤嶋、臼本(電話03-3987-9498、FAX03-3987-9396)

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野