業界記事

道路費大幅増減も/上田知事も重点投資示唆

2004-01-20

 県総合政策部は15日に開催した「埼玉県経営戦略会議」の知事への中間提言をまとめ公表した。それによると、公共事業の提言は総額は今後も抑制するとし、道路事業は重点的な投資が望ましいとなっている。
 同提言のうち公共事業についての項目を見ると、土木費はピーク時の2分の1に低下し、このことは公債費の抑制にもつながっていることを指摘した上で、総額は今後も抑制とすることになった。しかし、整備率が全国平均より大幅に低い道路に関しては県民要望が高く物流・交通拠点としてのチリ的条件を勘案し集中投資することが望ましいとなつた。
 道路事業については上田知事も道路網の連携、地域の生活道路、その安全対策は整備すべきとの見解を持っている。今年度の道路事業費は700億円程度だったが、重点事業はキャップ制は採用せず部局をまたいでの予算要求を認めていることから16年度の道路事業費については気になるところ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野