業界記事

来月上旬に入札執行へ/延べ1700㎡/今月中に設計完了/新給食センター

2004-01-16

 昭和町は、上河東地内に計画する新たな給食センターの建設について、馬場設計(甲府市塩部)に委託し進めている施設の設計を今月中に仕上げる予定で、来月上旬頃の入札執行を目指し、建設工事の発注準備を進める。計画される新たな給食センターはS造平家(一部2階)建て、延床面積1、700㎡前後の規模を予定。本体工事の発注形態等は現時点では未定だ。
 同町では現在、押原小学校の敷地内に学校給食センター既存するが、押原小学校校舎等の全面改築事業にあわせて、常永小学校北側の用地(約3、300㎡)に場所を移し新たな給食センターに建替えることにもの。
 新たな給食センターの建物は、鉄骨造平家(一部2階)建てで、延床面積約1、700㎡を予定。1階部分には調理室等をメーンに、事務室、研修室などを配置。一部2階部分は見学用の通路を備える。
 給食センター部は、調理、配膳、下準備などの各工程ごとに部屋を仕切るドライシステム方式とし、設備面では環境面などに配慮して、炊飯釜や調理器具などの設備を全て電化とするほか、深夜電力の利用を図り、冷房設備には夜間電力による蓄熱方式のエコアイスの採用などを考えている。同センターでは町内の小、中学校の給食を賄うほか、緊急災害時の米飯の炊き出し等にも対応できるように最大で1日あたり2、000食を賄えるようにする予定。
 今年度は施設本体の建設工事を発注、外構工事は新年度の発注が予定され、2か年の継続事業として建設を進め、来年7月末の完成を目指す。
 なお、同建設事業費には今年度予算で2億5、400万円余を計上。あわせて16年度の継続費(3億8、300万円)を設定し、総額6億3、000万円余が予算化されている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野