業界記事

新年度事業展望/県・市町村の主要事業/東八代地域・東部地域

2004-01-05

 ■■■東八代地域■■■
 【石和町】
 ▼近津(ちかつ)用水整備事業
 総事業費は約2億円。川中島地区の温泉街中心を流れる近津用水路の両岸に散策路などを設け一帯を整備する計画。整備面積は約2・7ha。1月から概算設計作業に着手し、4月には詳細設計に移行する意向。工事は全体を3工区にわけ、1工区を16年5月に発注を計画している。全体を3工区に分け、18年3月に完成させる方針。
 ▼「足湯施設」「農産物直売所施設」整備事業
 いずれも構想段階。昨年11月に検討委員会を設置。新年度にも着工が予定される川中島地区の近津(ちかつ)用水路整備計画と一体的な整備を目指し、町の観光資源にしようというもの。
 ▼駅前土地区画整理事業
 引き続き建物の移転をはじめ、石和駅前線道路改良や区画道路2号線電線共同溝建設を実施している。平成20年度の事業終了を目指す。
 【御坂町】
 ▼生涯学習センター建設事業
 詳細は未定。工事着手時期についても決まっていないが、新年度中に完成となる見通し。
 【一宮町】
 ▼保健センター併設児童館建設事業
 現役場庁舎近くの旧庁舎を取り壊し、新たに建設する計画。事業のスケジュールなど詳細は未定。
 【八代町】
 ▼農産物直売所「町地域振興交流センター」建設事業
 木造2階延べ床面積約280㎡で計画。設計は(有)流通研究所(神奈川県伊勢原市)が担当。今月中に発注させたい意向。
 【芦川村】
 ▼温泉掘削事業
 鶯宿地内の「芦川ふれあいプラザ」の敷地内で、現在掘削作業を実施している。温泉掘削に成功すれば、同施設で活用するほか、湧出量が豊富であれば、新たに温泉施設の建設構想が浮上しそうだ。
 ■■■東部地域■■■
 【都留市】
 ▼田原地区区画整理事業
 都留文科大学の北側5・83haが対象。富士急行線の新駅(都留文科大学前駅)設置や大規模店(オギノ)の出店などがメーン。今年度は都留文科大学駅前通り線道路改良、河川改良、区域内道・水路整備などを進めている。
 ▼井倉地区土地区画整理事業
 組合施行。約11ha。今年度は、基本構想や事業概要を固めるとともに地元意向調査を実施している。
 ▼火葬場施設整備事業
 下谷地区の既存施設の建て替え。設計は山口一級建築士事務所事務所。新年度に造成工事に着手、本体は17年度になる見込み。
 ▼東桂小学校校舎耐震補強工事
 今年度は設計業務を新興建築設計事務所(都留市)に委託。昭和28年に建設された普通教室棟が対象。同棟はRC造3階建てで、延べ2、738㎡。補強内容はブレース補強などを検討しているが、現段階では未定。計画が順調に進めば新年度単年で、工事を進めたい考え。
 【大月市】
 ▼温泉掘削工事
 掘削地は初狩町中初狩地区。掘削深度は最大で1、500m。期間は、最長で県の許可から2年間としていることから、17年2月までを予定している。掘削の結果をみて、温泉施設など今後の利用方法を決める構え。
 【上野原町】
 ▼し尿処理場建設事業
 既存施設に代わり、新たに同敷地内に建設するもの。17年度以降に建設する意向。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野