業界記事

業界代表の新春挨拶/茨城県砕石事業協組理事長/塚田一年

2004-01-05

 2004年の新春を迎え、謹んでお慶び申し上げます。
 旧年中は、関係各位の皆様には温かいご支援ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 昨年の我が国経済は、生産面における米国アジア向け輸出が好調で全体の生産水準は上昇に向かいつつありますが、中小企業の景況は、相変わらず悪化を続けております。
 本年は中東の情勢によって予断を許さない年になると思われますが、日本経済は好転の方向に向かっていくことを強く望んでいます。米国の早期景気回復やデフレ対策の発動、円高防止等により安定的な成長軌道になり、新しい小泉内閣に望む事は、将来ビジョンを呈示され国民が一体となって厳しさを共有し、構造改革によるマクロ経済回復の軌道が一段と見えてくる事です。
 建設経済は、7年連続マイナスで推移しており、建設業界の発展と軌跡を共にする私共業界は、景気回復を一日も早く切望するところであります。
 本年度の建設投資は、国の概算要求ベースで約8%弱の減少となり、加えて国策による循環型社会システムの進展に伴う路盤用砕石の需要が激減し、需要構造が大きく変化している今こそ組合員一同が一致団結して顧客ニーズに応えられる体質強化と安心と信頼のいただける企業を目指す必要があります。
 組合員製品の利用、委員会活動を中心に需要構造の変化による副産物の有効利用の普及促進・品質保証体制確立への積極的取り組み・資源開発の円滑化等を進める外、最近の傾向として経営の理念に自分が共感できる人の採用や若い人の人材を育成し先見性の富む中小企業として明るい環境づくりのため、人材育成推進事業の実施等により前進が期待できます。特に品質確保対策は技術水準の高度化に欠かせないものであり協会・組合の研修制度やゼミナール等を活用し技術分野の向上を図っていきます。8都県市の排ガス規制は次年更に強化されると思われますので業界活動はますます重要になり、厳しい需要環境に共通認識のコンセプトを持って行動できる魅力ある業界として活動できるよう夢が叶えうる一年であってほしいと思います。
 最後に関係各位の変わらぬご指導・ご支援と皆様方のご繁栄とご多幸をお祈り申し上げまして新年のご挨拶と致します。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野