業界記事

駅舎改築と自由通路建設/瓜連駅周辺地区整備事業

2004-01-05

 駅橋上化、駅南・駅北広場整備、アクセス道路改良、下水道整備等を、国庫補助の対象期間である5か年(H15~19年度)で進めている。
 まず、敷地7000㎡の町有地を対象に駅南広場と駐車場の整備工事に着手し、次に自由通路と駅舎改築、並行して駅南停車場線(延長約250m、幅員15m)や西室家・中道線(延長約600m、幅員12m)の道路改良、下水道整備を進め、既存駅舎の解体、駅北広場整備へ移行する。
 15年12月には、駅北広場整備の測量・設計業務をJR東日本コンサルタンツ(株)に委託、設計期間は来年2月末日まで。15年度中には駅南広場整備工事に着手する予定で、16年度は駅橋上化に向けて、駅舎改築と自由通路整備をJR東日本に委託して進めていく計画。
 道路改良も、16年度に測量設計を進めて、予算付けがされれば用地取得、一部着工へと進みたい意向。
 15年度当初予算には、既存駅舎等(JR用地)の土地取得費2400万円を計上、同6月の補正予算には駅南広場整備工事費として1億700万円を盛り込んだ。
 16年度には駅南広場整備の事業費に1300万円程度を試算しており、17年度には駅北広場の用地取得と工事など事業費6000万円を見込む。
 なお、16年度には駅舎自由通路整備工事等に約7000万円(自由通路への補助を含む)を試算しており、現在、JR東日本など関係機関と協議を進めている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野