業界記事

耐震補強及び大規模改造/千代川村の大形小学校で

2004-01-05

 【大形小学校耐震補強及び大規模改造工事】
 結城郡千代川村町は、大形小学校の耐震補強工事と大規模改造工事を行う予定だ。順調ならば今夏ごろにも発注する見通しとなっている。工事は16年度内に終える見通しで、総事業費は、約2億円強をみている。
 整備箇所は、大形小学校(大字別府199)。大形小学校は、昭和55年に完成。敷地面積が1万9487㎡。建物は、RC造3階建ての延べ床面積が3328㎡となっている。建物内部は、普通教室13教室のほか、特別教室が7室、保健室及び職員室とで構成されている。
 計画では、築後20年以上が経過し、老朽化していることから外壁や内壁の補修・塗装及び床の一部張替えといった大規模な改造工事を実施するとしている。
 工事については、児童が夏休み中に実施する計画となっており、夏前にも発注する見通しをたてている。工期は、16年度内とみている。
 公立小中学校校舎の耐震補強工事については、文部科学省が阪神大震災後に行った調査で児童生徒の安全確保と防災機能の強化を積極的に図ることが急務との報告をまとめた。
 事業費については、15年度当初予算に耐震補強及び大規模改造工事実施設計委託に845万円を計上、事業全体では、約2億円強を見込んでいる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野