業界記事

県監理課/設計VE委託/パシコンと契約/今年度は12件試行

2008-08-01

県監理課は、平成年度から試行している設計VEで、今年度の委託業者を簡易公募型プロポーザルでパシフィックコンサルタンツ(東京都多摩市関戸1-7-5電話042-372-6300)と特定した。
VEは、基本計画や基本設計などが終わっている段階で今後、詳細設計および事業実施を前に改善案について検討を行い、その後の事業進捗に生かすもので、公共事業の取り組み方法を改善する1つとして地域や利用者にとって、より良い機能、より価値の高い事業を提供し、地域ニーズを的確にとらえた最適な設計の徹底、コスト縮減、品質の確保などに効果が図られ、また技術力の向上、職員の改善への意識醸成なども期待されている。
本県のVEは、県民本位の質の高い公共事業の推進のため◇地域ニーズおよび特性をとらえた設計の徹底◇より安く、より良い公共事業の提供◇技術力の向上と技術の伝承◇創造的な組織風土づくり--などを目的として、年度から試行。年度は6件を対象に試行し、約億円のコスト縮減を実施。年度についても同様、6件試行し約億円の縮減を図った。今年度に関しては件の試行を予定しており、このうち外部VE専門家であるコンサルタント業者を含まず、県職員のみのVEチームで事業の現地調査や諸項目に対する検討などを実施するインハウス方式でも行う方針だ。
なお、同コンサル以外に建設技術研究所も簡易公募型プロポーザルに参加した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野